大阪で高品質なインプラント治療を受けるなら本町通りデンタルクリニック

御堂筋線本町駅、堺筋線堺筋本町駅から徒歩3分

ご予約電話番号 0120-821-455ご予約電話番号 0120-821-455
診療時間

お問い合わせ

HOME > インプラントと他治療の違い,新着情報・お知らせ > インプラントと差し歯の違いとは?

インプラントと差し歯の違いとは?

2017年9月28日

インプラント治療とは

インプラント治療とは、歯がない場所に歯の根の代わりにインプラントを埋入します。そして埋入した上に人工歯をはめ込む新しい治療法となります。

インプラント治療室の様子

 

インプラントとよく似た?治療法「差し歯」とは

それとよく似た歯の治療に「差し歯」というのがあります。差し歯のほうが馴染みがありよく聞かれる言葉ではないでしょうか。差し歯も人工の歯を作って元の歯を再現するところはインプラント治療と似ているところはあります。

インプラントと差し歯の選択の基準は「歯の根が残っているかどうか」

しかし、この2つは大きな違いがあります。それは歯の根が残っているかどうかになります。差し歯の場合は、歯茎に残った歯の上から人工の歯を被せるため、歯の根がどのくらい残っているかどうかによって治療方法は変わってきます。差し歯の治療ができる状態の場合、正しくは『歯が欠損した』という状態ではないのですが、人工の歯を被せるという点では同じですので、根が自分の物か人工物かという部分の違いになります。

 

歯が残存しているなら、差し歯が一番

自分の歯が残存しているなら、あえて抜歯してインプラントにするよりも、残ったものを大事にして、差し歯という治療をするのが一番だと思います。やはり根の部分が自分のものかどうかで、噛む感覚はやはり多少変わってきますし、食べ物を食べる際の違和感も少ないはずです。

 

歯の根の状態によってはインプラントがおすすめ

ただし差し歯の場合は、残った歯の根の部分の状態によっては、インプラントにした方が良い場合もあります。たとえば割れてしまっていたり、ひびが入っていたり、もともと虫歯の治療をしていて根の部分に異常があったりなど、根を取ってしまった方が良い場合というのがあります。そう言った場合には、やむなく他の手段を選択したり、インプラント治療をするという選択肢が生まれてきます。また、あえて根を抜いてインプラントにするという選択肢もないわけではありません。差し歯のために残った根の部分ですが、どうしても年月と共に虫歯や歯周病になってしまって、結局歯が駄目になってしまうこともありますので、ご不安な方は、ぜひ大阪の本町通りデンタルクリニックにご相談下さい。インプラントのご相談・CT検査は無料で実施しています。

ご予約電話番号 0120-821-455ご予約電話番号 0120-821-455

本町通りデンタルクリニック

〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町2丁目6-5

御堂筋線本町駅 7番出口  から徒歩3分
堺筋線堺筋本町駅 16番出口 から徒歩3分

お問い合わせ 本町通りデンタルクリニック
診療時間